イベントEVENT

SDGsワークショップ #1 「ファブリカ村」村長 北川陽子さんと考える「持続可能なものづくり」について

UPDATE:2017.11.14

このワークショップは、こんな方におすすめの企画です。
✓「サステナブル」「持続可能性」に関心がある
✓これからの暮らし方、社会のあり方を考える時間がほしい
✓東京から滋賀に関わってみたい、滋賀に行ってみたい
✓滋賀での持続可能性に向けた取り組み事例を知りたい
2030年に向けて国連が進めている「SDGs(持続可能な開発目標)」について、滋賀県では、全国に先駆けて取り組んでいくことを宣言しています。
国連や県の取り組みというと、少し大げさに聞こえるかもしれませんが、
これからの暮らし方、社会のあり方を考えるうえで、
個人でできること、明日から取り組めることもたくさんあります。
「サステナブル」をキーワードに自分たちのこれからを考えるときに、
ぜひ一緒に話し合いたい、そんな方が滋賀県にはたくさんいらっしゃいます。
記念すべき第1回では、滋賀県東近江市で、クラフトを中心に作り手と使い手をつなぐ活動をされている「ファブリカ村」村長の北川陽子さんをお招きします。
ものづくりに限らず、地域の学校やコミュニティとも連携した取り組みを実施されている北川さんのお話をもとに、等身大で取り組んでいく持続可能性について話し合いましょう!

参加費:3,000円
定 員:20名
※事前申し込み制となります。