多彩な光が照らす夏の夜を楽しもう!

多彩な光が照らす夏の夜を楽しもう!

 

8月は、滋賀県内各所でライトアップイベントが開催されます。公園を彩るイルミネーションをはじめ、荘厳な光の世界に浸れるライトアップ、滋賀県の地域文化にふれることができる明かりの催しなど、各地で様々な光の演出が楽しめます。

 

 

今回紹介するスポット

①11万球のイルミネーションに平和への願いを込めて

コトナリエ2022[東近江市]

 

※写真はイメージです

滋賀県東部、東近江市にある自然豊かな公園を11万球もの明かりで彩るイルミネーションイベント「コトナリエ2022(コトナリエサマーフェスタ)」。「光で地域をつなげ輝かせる」という理念のもと、2004年から始まった催しです。明かりが灯された公園の木々や、巨大なオブジェ、光のトンネルで、広大な公園は華やかなムードで包まれます。今年のテーマは「コトナリエの力で、世界を平和に!」。一つひとつの明かりに平和への願いを込めて、夏の夜の散策を楽しんでみませんか。

 

■期間 2022年7月30日(土)~8月14日(日)、18:30~21:30
※期間中の火曜と8月12日(金)は休み
■場所 東近江市ひばり公園(滋賀県東近江市池庄町610番地)
■問合せ コトナリエ実行委員会事務局 0748-22-4646
■ホームページはこちら

 

 

②川面に浮かび上がる可憐な花

梅花藻ライトアップ2022[米原市]

 

※写真はイメージです

中山道の宿場町として栄えた滋賀県米原市の「醒井宿(さめがいじゅく)」。清らかな地蔵川の流れとともに、宿場町の風情を今に伝えています。夏になると地蔵川に咲くのが水中花「梅花藻(ばいかも)」。可憐な花が一斉に咲いて水に揺られる様子が、訪れる人に涼を与えます。夜、川がライトアップされると、暗がりに梅花藻の白く小さな花が無数に浮かび上がります。また、江戸時代から残る問屋場(といやば)では「陶あかり展」を同時開催。一つひとつ趣向を凝らした陶器の照明からやわらかな明かりがもれる、あたたかな光景に心和みます。

 

■期間 2022年8月2日(火)~8月24日(水)、19:00~21:00(いずれも予定)
■場所 醒井宿(問屋場:滋賀県米原市醒井123番地)
■問合せ 一般社団法人びわ湖の素DMO 0749-51-9082
■ホームページはこちら

 

 

③明智光秀ゆかりの寺院に光の極楽が出現

夕涼み夏のライトアップ~光が織りなす極楽の世界~[大津市]

 

※写真はイメージです

比叡山の南東山麓、琵琶湖を見下ろす高台にたたずむ西教寺(さいきょうじ)。聖徳太子が創建したと伝えられ、全国に400あまりの末寺を持つ天台真盛宗の総本山で、戦国武将・明智光秀とその一族の墓があることでも知られています。そんな歴史ある寺院が夏の夜、光で極楽の世界を表現します。境内の書院庭園では、プロジェクションの演出により阿弥陀様や優雅に泳ぐ鯉が夜の庭園に現れます。書院の中には、お坊さん手作りの「和紙の明かり」を展示。厳かな空間に優しい光があふれます。
また、境内に向かう参道のライトアップ「びわ湖大津夏のライトアップ 西教寺 光の参道」も同時開催(無料)。由緒ある寺院で、様々な明かりの演出を楽しめる盛りだくさんの催しです。

 

■期間 2022年8月1日(月)~8月31日(水)、19:00~22:00(拝観受付は21:30まで)
■場所 西教寺(滋賀県大津市坂本5丁目13番1号)
■拝観料 大人500円、中学生300円、小学生200円
■問合せ 西教寺 077-578-0013
■ホームページはこちら

 

 

④“光の壁”に魅せられる幻想的な光景

万灯祭[多賀町]

 

※写真はイメージです

八百万の神々の親神様である伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)と伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)をご祭神とする、滋賀県犬上郡多賀町の神社「多賀大社(たがたいしゃ)」。古くから武士や民衆の信仰を集め、「お多賀さん」と親しまれてきました。万灯祭(まんとうさい)は祖先の御霊を護る伊邪那美大神に感謝を捧げるお祭りで、8月3日の日が暮れる頃に始まります。1万灯を超える提灯に明かりがともされると、あたり一帯がオレンジ色に染まり、まるで“光の壁”のように提灯が高く並ぶ様は壮観です。

 

■期間 2022年8月3日(水)~5日(金) 19:00~21:30
■場所 多賀大社(滋賀県犬上郡多賀町多賀604番地)
■問合せ 多賀大社 0749-48-1101
■ホームページはこちら

 

 

⑤先祖への思いをのせて流れゆく明かり

第40回 ひこね万灯流し[彦根市]

 

※写真はイメージです

滋賀県彦根市を流れる芹川で行われる「万灯(まんとう)流し」は、先祖供養として、古くからこの地域で行われてきた夏の行事です。灯ろうには、先祖へのメッセージを書いた短冊が添えられていて、それぞれの家族の思いが込められています。暗がりに多数の灯ろうが“ゆらゆら”と揺れながら流れていく様子は、なんとも幻想的で美しい光景です。万灯流しに先立って、彦根市中央町から会場の芹川河川敷まで練り歩く「お練り」や大抽選会などの楽しいイベントも開催。彦根市のキャラクター「ひこにゃん」も登場して、会場を盛り上げます。

 

■期間 2022年8月6日(土) 18:00~20:30、万灯流しは19:20頃から
■場所 芹川河川敷(滋賀県彦根市芹橋 河原町周辺)
■問合せ 彦根商店街連盟 0749-22-7303
■ホームページはこちら

シェアする:
記事一覧へ